小学生・中学生・高校生におすすめ音楽配信:dヒッツ

1か月ほど前からdヒッツをお試ししていましたが、良かったので継続することにしました。

今までは、レンタルCDを借りてパソコンに落としてからiPodなどに移して聞いていましたが、それがけっこうな手間だと感じていました。

また、レンタル料金は結構高いですし、好きな曲がレンタル中だったりするとまたレンタルしに行かなければなりません。

車で聴く場合は、車のナビにCDを入れてナビ本体に録音することもできましたが、録音にすごく時間がかかります。

dヒッツのおかげでそんな手間がなくなり最新の音楽を聞くことができて、子供達はよろこんでいます。

スポンサーリンク

音楽配信サービス「dヒッツ」とは

dヒッツはドコモが提供する音楽配信サービスで、ドコモユーザでなくてもdアカウントを取得すれば誰でも利用できます。

テーマに応じた選りすぐりの楽曲で構成された音楽プログラムをいつでもどこでも簡単に聞くことができるストリーミング音楽サービスです。
(dヒッツアプリより)

【dヒッツ】 サイト

dヒッツは様々な音楽プログラムをストリーミング配信

dヒッツは、運営側がいろいろなプログラムを作成して配信している、ラジオタイプのストリーミング配信サービスです。

dヒッツは公開されているプログラムを聴き放題で楽しめるサービスです。

(dヒッツアプリより)

ストリーミング配信の良さはレンタルCDを借りたり返したり、パソコンに落とすといった余計な作業をする必要がありません。すぐに好きな曲をかけることができます。

そのかわり、スマホ本体に曲をダウンロードして保存できません。

myヒッツ(後述参照)以外は、好きな曲だけを聞くことができませんので、基本はプログラム単位で聞かなければなりません。

dヒッツは試聴しかできないと勘違いされている方もいらっしゃいますが、基本的には1曲だけピンポイントで聞くということができません。(プログラムの途中の1曲だけタップすると試聴になります。)その曲が含まれたプログラムを決まった順番で聞くということしかできません。ただし、聞きたくない曲はその曲がかかったらスキップできます。

dヒッツの利用料金は月額300円または500円

dヒッツの使用料は、毎月定額です。

月額300円のコースと、月額500円のコースがあります。

違いは500円のコースだと毎月10曲まで好きな曲をmyヒッツに追加できます。

myヒッツは自分のお気に入りの曲だけのプレイリストです。毎月10曲ずつmyヒッツに登録できる曲が積みあがっていくので、2か月目は20曲、3か月目は30曲、と好みのプレイリストの曲が増えるようになって言います。その月にmyヒッツに追加したい曲がみつかれなければ、空き枠分は6か月間は持越しできるようになっています。myヒッツに登録した曲は削除できませんが、非表示にすることはできます。(削除できるようになったみたいです。)

myヒッツの曲はキャッシュにあれば、完全オフラインでも聴くことができます。

300円のコースではストリーミング放送でプログラムを聴くことしかできません。

邦楽アーティストが多い

dヒッツがおすすめなのは、他の配信サービスよりも邦楽のアーティスト数が多いところでしょうか。ほんとうに最新の流行曲がたくさん入っています。星野源、西野カナ、AAA、EXILEと系列のグループ、Perfume、AKB48系、ゆず、絢香、コブクロ、スキマスイッチ、などなど、本当に最近よく耳にするCMソングやドラマの主題歌など、たくさんあります。

アーティストによっては配信されてない曲もあります。たとえば、RADWIMPSの曲はいくつかあるけど、「前前前世」は配信されていません。

ジャニーズ系、B’z、米津玄師、セカイノオワリMr.Childrenなどは一曲も入っていません。

(追記)

Mr.Childrenは配信されるようになりました。

(追記2)

セカイノオワリは一部のみ配信されていましたが、2019年1月18日より、過去の曲も配信されています。

多彩なプログラム

たくさんのプログラムが配信されています。プログラムによっては配信期間が決まっている物もあります。

一つのプログラムに入っている曲数は、10曲程度から40曲以上入っているプログラムもあります。

《プログラムの例》

プログラムのトップ画面

この画面でプログラムの全曲再生に必要なデータ通信料がわかるようになっています。

こんな感じで季節にあったプログラムや、気分に合わせたプログラムなど、さまざまなシーンに合わせたプログラムが配信されています。

一定期間に良く聞かれた曲のランキングプログラムや、myヒッツに登録された曲特集プログラムなどもあります。

「6月号」恋うたベスト:5月にdヒッツでよく聴かれたラブソング特集の曲を一部紹介

  • 女子モドキ  JY
  • ベイビーアイラブユー  シェネル
  • プラネタリウム  大塚愛
  • 恋  星野源
  • チェリー  スピッツ
  • 君に届け  flumpool
  • トリセツ  西野カナ
  • Girl  秦基博

アーティスト単独のプログラムもあります。

それから聴いている曲の歌詞を見ることもできますカラオケのように今まさにかかっている曲の歌詞の部分が別色でわかるようになっているので、カラオケの練習もできます。(曲によっては歌詞が出ないものもあります。)

複数端末登録可

1つのアカウントで複数端末で利用可能です。うちでは、私のスマホ、娘のiPod、家のiPadと3台登録しています。

ただし、同時に複数の端末でアプリを使用することはできません。同時に使用しようとすると、後から起動したほうは、他の端末で使用しているため使用できませんといったエラーメッセージが出ます。

先に使用していた端末のアプリを終了させて、しばらくたってからでないと次の端末では使用できません。

キャッシュにあればオフラインでも利用可

一度再生したプログラムはキャッシュにあれば、オフラインでも再生可能です。myヒッツも同様です。キャッシュに残すためには、一度オンライン状態でプログラム全曲再生する必要があります。

キャッシュに保存するデータの容量はアプリで設定可能です。端末容量に余裕があれば、たくさんキャッシュデータが保存できますので、家などWi-Fi環境で一度全曲再生しておけば、外出中でもデータ通信の容量を使わずに、音楽を楽しむことはできます。(ただし、全くのオフラインでは使用できない場合があります。myヒッツの曲はキャッシュにあれば完全オフラインでも聴くことができます。)

1曲5MB程度(音質128kbpsの場合)の通信量となるようですので、20曲程度のプログラムなら100MBのデータ通信となります。毎日100MBのデータ通信では1か月で3GBにもなりますので、うまくキャッシュを利用するとデータ通信も節約できます。

また、MVNOなどを利用されていて、通信速度を低速・高速と切り替えできる場合は、低速でも利用可能ですので、この場合も高速データ通信の容量の節約が可能です。(うちもIIJmioと契約していますので、低速通信をうまく利用していますよ。)

子どものおこづかいでも楽しめるdヒッツおすすめです

うちでは300円コースの契約で利用していますが、安いほうのコースで十分楽しめています。なんといってもCDをレンタルするとかパソコンに落とすとかいった作業の手間が省け、今どんな曲が流行っているかよくわかるので、子供たちもとても気に入ってます。

最近は小学校でも先生が流行の歌を流したり、校内放送したり、子供たちは最新の歌を良く知っています。先日の小学校の運動会では、1年生のダンスの曲が星野源の「恋」でした。ノリの良い曲にあわせたとってもかわいいダンスでしたよ。

特定のアーティストの曲ばかりを聞くのではなく、いろんなアーティストの曲が聞けるので、自分の好きな曲はどんな曲か、どんなアーティストが好きなのか、そういうことがまだはっきりしていない小学生や中学生でも楽しめるところがdヒッツのオススメなところです。

最後に:申込み日に注意

dヒッツは7日間お試しサービスがありますが、時々キャンペーンでお試し期間が延長され31日間お試し可能な時もあります。ここで、注意ですが、dヒッツは月単位の契約ですが、日割りしないので、何日に契約しても、暦の月で1か月分の料金となります。

たとえば、6月16日にお試しで契約した場合、7日間試した後継続利用する場合は、開始日が6月23日でも、6月分の利用料金がまるまる1ヶ月分かかります。日割り計算はありません。

31日お試し可能な場合は、7月17日から利用料金がかかりますが、やはり7月分がまるまる1ヶ月分となりますので、7日間試聴可能な場合は、25日(または24日)に申込み、31日間試聴可能な場合は、1日(または月末日)に申込みされると、月料金で損することなく利用できますので、これから申込みされる場合は、注意してみてくださいね。

dヒッツ/初回31日間無料

dヒッツを車で楽しむ方法はこちらです。

dヒッツを車で聴く方法
前の記事でdヒッツをおすすめしましたが、我が家では毎日活用しています。家で聴くだけではなく、車でも聴いていますよ。 今回は車の中で、車...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする